食品を購入する際に消費者が注意するべき点について

>

店舗と同じ値段になっている事

交換や質問がある場合

ネットでは実際に手に取って商品を確認出来ない事が多いです。
洋服や靴にはサイズがあり、それが合わない場合には問い合わせの所からメールや電話が出来ます。
ですが、食品の場合だとサイズはないので、交換が出来ない事が多いですが、配送途中での破損やサイト側のミスの場合には無償で交換出来ます。

その場合には、多くがオペレーターに直接電話をして交換する手続きを取った方が良いです。
メールだと時間がかかってしまう事があるので注意しましょう。
営業時間内に連絡をすれば、迅速に対応してくれるのですぐに連絡する事が良いです。
最近では、チャットで対応してくれるサイトもあるそうなので、話すのが苦手な場合にはチャットが出来るかどうかをチェックしましょう。

トラブルがあった場合

配送途中で荷物が他の場所に行ってしまったり延滞で予定していた日にちに荷物が届かない事もあるそうです。
その際にも問い合わせの所からサイトに問い合わせをして荷物がどこにあるのかを確認して貰う事が良いです。
特に、食品の場合だと前の記事でも紹介したように賞味期限もあるので迫っている場合なら、キャンセル出来る事もあります。

中を開けて食品が足りなかったり腐っていた場合もあるようで、開けていたとしても強制的にキャンセルが通ります。
その時には、送料はサイトが持つ事が多いので買い手側が支払う事はないそうです。
問い合わせの際に、返品やキャンセルの理由を問われる事があるので、きちんと書いておくと後々運営側に取っても良い事に繋がります。


この記事をシェアする